head
 

<脳波とは?>

脳波は、常に電気波形(周波数)でとらえられ、その領域によって分類されます。
 
 

ベータ波

日常の一般的な脳波の状態であり、「ストレス脳波」とも呼ばれます。覚醒時でのイライラ、不安、
怒り、緊張等々に起因し、精神的・肉体的障害となり健康を損ね、疾病につながることもあります。
 
 

アルファ波

いわゆる「リラックス脳波」の領域です。一日の仕事を終えて帰宅し、お風呂、軽いアルコールと
食事でリラックスした時のような状態です。
 
 

シータ波

「瞑想波」とよばれ、ウトウトと眠くなりまどろみの状態。忘れていたことを急に思い出したり、
ヒラメキやインスピレーションを得ることもあるのがこの状態。自発的に発生させる脳波(自発脳波)
としては、ヨガの達人や高僧が修行で到達できる境地と言われ、一般に私たちが自然に起こすのは困難
です。この自発脳波シータ波を1日に数分起こせると、免疫力が急速に上がり、健康維持に役立つと
言われています。
 
brain_002

 
 
brain_003

 
●脳活性装置の使用による脳内血流量の変化

ketsuryu
 

青色は血流量の少ない部分、赤色が血流量の多い部分です。
 
 
●脳活性装置の使用による血液の変化
ketsueki

脳の働きには、充分な酸素と栄養が不可欠。脳への電気刺激により血液はサラサラになり、小さい血管の詰
まりも通るようになります。脳内血流の健全化こそ健康のバロメータなのです。
 
 
●脳活性装置の使用による脳波の変化
nouha

脳活性装置使用前は、ほとんどストレス脳波(ベータ波:青色)で占められていましたが、 使用後は
リラックス波(アルファ波:赤色)と瞑想波(シータ波:黄色)が大量に出ています。
使用した被験者は、たいへんリラックスした気持ちになったと言っています。
 
 

【Q&A】

 
Q.脳への電気刺激は、どのように影響をもたらすのですか?
 
 
A.最近の研究で、脳の海馬状隆起の神経回路を電気刺激(電気信号)すると、新しい情報の受け入れ態勢が高まり、
 記憶と学習を増大させることが可能であるとされています。記憶形成に必要なプロセスは、電気刺激(電気信号)
 により引き起こされ、その電気刺激(電気信号)の周波数は、シータ波のリズムであることがわかりました。
 そこで、人間の脳に、毎日数分間シータ活動を生じさせることによって、免疫力を高め、創造性を増し、心身に統
 一感をもたらすことが出来ると言われています。電気刺激(電気信号)は、様々な「神経伝達物質の生成を大きく
 加速させる」とも言われ、「生体電磁場への電気刺激は、心や体、感情や行動に様々な深い影響を長期にわたって
 及ぼしうる」と考えられています。
  
 
 
 
Q.安全性に問題はありませんか?
 
 
A.電気刺激は直接、脳組織まで届き、血液脳関門に左右されることはありません。従って、体の他の部位に副作用を
 起こす恐れもありません。本製品を開発した水上進・理学博士は約140件もの特許・実用新案・意匠登録などをもつ
 現代の発明家ですが、20年以上に渡って多くの実績があります。また森山朝正・医学博士(筑波技術短期大学教授)
 は「微弱な電流であるため、安全性も副作用も、ともに全く問題ない」と太鼓判を押しています。
 さらに谷越大祐・医学博士(故・(財)日本電子治療器学会理事長)も「200年以上に渡り、種々の改良が加えられて
 今日に至った低周波装置により、利用者の身体に新たな疾病等の変化が惹起されたという事例の報告は皆無」と述べて
 います。その安全性は老若男女を問わず当てはまるため、家族全員でお使いいただけます