photo

 
 
脳は刺激の中継点であり、反応の出発点です。
脳に入る情報は色々あり、目や耳から入る光や音の情報だけでなく、味覚や嗅覚も脳に伝えられる。
そして第5番目の感覚というのが、皮膚や筋にあるセンサーが働いて脳に信号を送ります。
これを体性感覚といいます。
 
この5番目の感覚はヒトの身体にとって現代科学で重要な信号になるだけでなく、東洋医学の基礎に
もなっています。東洋医学の基礎的な考えに『経絡というエネルギー循環の道筋』があり、身体の
表面を流れています。この経絡が実は最近の研究で脳の中にあると予測されています。この予測の
基になっているのが第5番目の感覚―体性感覚です。
 
脳活性装置で刺激する目尻にある『太陽』のツボは東洋医学で「胆経」という全身にわたる経絡上の
ツボです。また耳の前面部にある「聴宮」のツボも刺激のジャストポイントです。経絡が脳にあると
する考え方からすれば、脳活性装置で脳が外からの刺激をもっとも受け入れやすいリラクゼーション
状態の周波数で「太陽」または「聴宮」を刺激誘導すれば、全身がリラクゼーションの状態になりま
す。その状態で耳から与えられる1/Fリズムの音楽は、脳の活性レベルを安定させ脳内モルヒネ様物
質の出現を促すことになる。この快楽系の物質は当然の事ながら自律神経を安定させ、ストレスホル
モンを減少させます。筋肉や皮膚は自律神経系の安定した状態で活発になり、細胞の交代が盛んにな
ります。その意味で細胞活性を進めす脳活性装置は、安全で効果の高い脳活性セラピーであるといえ
ます。
 
 
安全性について、脳活性装置は短形型周波数を組み合わせた健康器具です。脳活性装置は正常のご使
用の場合、頭蓋骨上の浅側頭筋肉に導子を当ておだやかな低周波電気信号を繰り返す装置です。大変
微弱な電気刺激であり、極めて安全性の高い健康器具であると考えます。また、本器具のご使用に寄
る副作用等の心配はまったく考えられないと思います。ただし、過度のご使用に関しましては東洋医
学で言う「もみ返し現象」及び連続的にご使用された場合の効き目が少ないと感じる場合の「ナレ現象」
などが起こることがありますので、適度なご使用をお薦めいたします。
 
 
 
 
 

元カロリンスカ医科大学 医学博士 山本 祐二

 

皮膚及び筋肉などの感覚神経系を刺激することにより、この電気刺激は顔面の一部を支配する神経
(三叉神経求心性の神経回路)を経て、大脳皮質、辺縁系、網様体などの中核神経系に働きかけ、我々
の感情(情動)をコントロールし、気分のバランスを変化させ、心地よい刺激はストレスを解消します。
 
そして、この感覚刺激が、視床に伝達されていることから、ホルモン系・免疫系への影響も容易に想像
されます。例えば、皮膚刺激により、脳内神経伝達物質であるオキシトシンが脳内の神経ニュートロン
で放出されるという事実は、感覚神経である皮膚刺激が大脳皮質へ、その情報を求心性の神経回路で伝達
されているということを示唆するものであります。
 
また、 表情筋の収縮を繰り返すことにより、顔面神経・舌咽・舌下神経などの経路から、副交感神経を
促し、ストレスを解消する可能性があります。さらに、眼球の周り(外眼筋・毛様体筋・眼輪筋)の筋肉
の収縮を繰り返すことにより、動眼神経・滑車神経・視神経への影響により、視力の調節機能等の変化も
示唆されます。
 
 
また、この刺激が脳の血流量の増加を促すという報告もされています。この現象は非常に興味深いもので
あり、将来の研究に充分に値するものであります。脳活性装置による脳活性の可能性を新たな研究課題と
して、研究テーマに加えて、そのメカニズムを追究していきたいと思います。近年、非侵襲的脳刺激の
有用性があるとされる研究が見直され、さらに研究されていることを考察に入れ、さらなる研究を進めた
いと思います。
 
 

・総務大臣所管 日本予防医学推進委員会

   

・文部科学省所管 日本科学振興財団 七田教育研究所